--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-04-11

平野神社

昨日、たまたま近所まで行ったので「平野神社」へ行ってきました。(公式サイトはこちら
いやはや車で行くものではないですね。駐車場が空くのを待つのに一苦労でした。(100円パーキング)

相変わらず見事に咲き誇っておりました。
自粛ムードのせいなのか、行った時間(夕方)のせいなのかは分かりませんが例年より人は少ないような印象。
とはいえ、多くの方が所狭しと咲くサクラを楽しんでおられました。

っと、昨日全く気づいてなかったのですが、昨日は平野神社でお祭りをされていたのですね・・・orz
http://hira33.blog115.fc2.com/blog-entry-166.html



2.jpg
1.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg

平野神社で見られた紋たち。
6.jpg
十六枚菊も見られますね。
7.jpg
8.jpg

八重桜
平野神社の神紋は「八重桜」

山桜
平野神社内で見られる紋たちは主に「山桜」でした。


9.jpg
灯籠には見られるのは「月」?ですかね。




【桜】
桜はバラ科のサクラ属の植物の総称。
古来より諸行無常に例えられ、『万葉集』では多く詠まれ、日本人に最も親しまれる花の一つ。
文様としても数多く、近代では百円硬貨の表にもデザインされる国花である。
苗字に桜の字を含む諸氏に多い。

「名称の由来(諸説あり)」
■「咲く」に複数を示す「ら」を付けたもの。
■春に訪れる稲(サ)の神が憑依する座(クラ)というもの。
■富士の頂から花を咲かせた神、木花之開耶姫(コノハナノサクヤビメ)の「さくや」から転じた。

桜
「桜」


ARK@遊鵺
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

森本勇矢

Author:森本勇矢


京都市在住。38歳。
本業である染色補正の傍ら家紋研究家として活動する。
京都家紋研究会会長。日本家紋研究会理事。
月刊『歴史読本』への寄稿をする他、新聞掲載・TV出演など。
著書『日本の家紋大辞典』(日本実業出版社)
家紋制作、家系調査などのお仕事お待ちしております。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
790位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
108位
アクセスランキングを見る>>
リンク
オススメ本

Twitter
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。